輸入ビジネス

サイドワークに最適な輸入ビジネス

ストロベリーネット

輸入ビジネスというと、みなさんどのようなイメージをお持ちですか?

 

大量に海外から買い付けて、日本で売りさばくという先物買いなイメージでしょうか。

 

それでもビジネスとして成立していますが、良い商品を選択して、その商品価値をアピールし、オンリーワンにしていくというビジネス手法もあります。この場合、旬なもの、トレンドなものをセレクトして販売していくという目利きが必要になってきます。

 

どちらにせよ、輸入ビジネスはサイドワークなどに適しており、趣味として始められる方も多いようです。

 

海外ブランドに詳しく、目利きを持っている方などはとても向いているビジネスだと言えるでしょう。また、バブルがはじけた今でも、高価なブランド品を購入する人はいますので、やりがいのある仕事といえるでしょう。

 

現地よりも日本で販売されると割高になる理由は、運賃や関税がかかってくるからです。

 

個人輸入の強みは(関税は逃れられませんが)送料を工夫できるということでしょう。コストがかなり安く抑えられると、商品によっては需要がかなり出てきます。

 

海外で買い付けというのは、ブランドが好きな人にはたまらなく楽しいでしょうし、また次第に品質の良いものを見分ける力も付いていきます。